腰痛治療界の猫の手!整形外科医・吉原潔の読めば腰が元気になる情報満載サイトです!
腰痛でお悩みの方、なんだか腰に違和感が・・・など、腰に関するご相談をお寄せ下さい!

プロフィール

整形外科医 吉原潔とは?(医療法人アレックス 脊椎クリニック開設院長)

整形外科医 吉原潔

内視鏡手術専門の脊椎外科医です。徹底した運動療法、脊椎エコー診断、神経ブロック療法、最先端の低侵襲手術などを駆使して治療を行っております。スポーツ整形外科・一般整形外科では、自分がその患者さんの立場だったらどうやって治療されたいかという観点で、日常の診察を行っております。

資格・経歴
日本医科大学卒業 医学博士
元帝京大学溝口病院整形外科講師
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日整会内視鏡下手術・技術認定医
日本内視鏡外科学会・技術認定医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
食生活アドバイザー
身体障害者福祉法指定医
元スノーボードFISワールドカップ医事主任

各種講演・運動指導を行っております

実践ボディーメイク/ボディーデザイン

私は全ての人々の健康長寿な生活のお手伝いを目指しています

(注:病気や怪我の方は医療保険が適応されます)

通常、医療施設で行われているリハビリテーションは病気の人向けです。しかしプロスポーツ選手などはたとえ病気で体力や筋力が落ちていても一般の人よりは高い運動能力を有しています。そういう方々の治療は、フィットネスや筋トレの知識無くして指導できません。だからこそ今までに通常の医療機関ではほとんど行われていなかった試み、すなわち「スポーツ医学理論に基づく医療リハビリとフィットネスの融合」を目指しています。

メタボリックシンド ロームやロコモティブシンドロームという言葉は、どこかで聞いたことがあるかと思います。ともに医療機関で治療が必要な病的な状態でありながら、医療機関にかかり改善したと言う話は聞いたことがありません。なぜならそれらは医療機関では治せないからなのです。治療に必要な栄養学やトレーニング学は医学部では教えていませんから、ある意味当然のことです。1日の摂取カロリーを何カロリーに減らして、有酸素運動を1日20分してと指導するだけでは根本的な解決にならないのです。それで民間業者に逃げる・委ねるというのが悲しい現実でした。

メタボやロコモは生活を変えないと治りません。さらにはそれによって体型が変わってこないと治っていきません。美容院で写真を差し出 して「こんな髪型にしてください」というのと同じように「こんな体型に」というならば、その体型に近づくような運動方法や栄養摂取の方法を習得・実践しなければいけません。そのためのお手伝いをさせていただきます。病気や怪我の方は、はやく治って健康な生活に戻れるように。健康な方はさらに体に磨きをかけて理想の体型・パフォーマンスに近づくように。頑張りましょう!

本紹介

腰痛を自力で治す本

内容(「BOOK」データベースより)
「安静」はもう古い。けん引や姿勢矯正は必要なし。やるべきことは、付録のDVDの収録内容が全てです。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉原 潔
日本医科大学卒業、医学博士。日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日整会内視鏡下手術・技術認定医、日本脊椎脊髄病学会指導医。日本体育協会公認スポーツドクター
くわしくはこちらをご覧ください。

お医者さん向け講義情報

脊椎内視鏡手術の安全な普及のために大学、医師会、学会、研究会などで講演しています。

脊椎内視鏡手術の技術認定医養成の講習会で教鞭をとっています。(写真:最前列の椅子に腰掛けているのが講師陣で、私は左から2人目)普段の手術見学も積極的に受け入れており、自らの経験をもとにポイントや注意点、裏技などを惜しみなくお伝えしています。

手術見学を希望される先生は下記にご連絡ください。 koshihakase2525@live.jp

メディア出演履歴

新聞

読売新聞から一部抜粋しました。

腰椎椎間板ヘルニアの超低襲手術「PED法」 腰椎の足のしびれを引き起こす椎間板ヘルニア。 直径1センチメートル以下の器具で飛び出た 髄核を摘出する内視鏡手術「PED法」は 1泊2日で受けられ、短期での社会復帰が可能だ。ただ、医師に技術と経験が求められ、日本整形外科学会は今年度、技術認定制度を始めた。

テレビ

2014年6月9日(月)夜8時00分〜夜9時00分(テレビ東京)
主治医が見つかる診療所【危険な「しびれ」の見分け方SP】にて紹介され、腰痛によるしびれについてお話しさせていただきました。

2014年10月27日(月)朝6時40分〜朝7時30分(テレビ東京系BS)
デジタル7ch日経朝とく「すこやかGooday」にて紹介され、腰痛についてお話しさせていただきました。その他、メディアに出演多数。

ページTOPへ戻る